COMITIA128 お疲れ様でした。

先日はコミティアお疲れ様でした。なかなかに人が多く、しかもiPhoneがネットに繋がらないのでなかなかに大変でした。アンテナ立ってるのにツイッターとか全然繋がらないんですもん。知り合いのサークルとかツイッターで直に確認する気満々だったんで難儀しました。

続きを読む COMITIA128 お疲れ様でした。

彷徨#1 「関東大雪」

最近船橋、幕張、柏あたりをウロウロするのがマイブームなのですが、関東で珍しく雪が降るって聞いてまたウロウロしてきました。

自宅付近は全く積もってなかったんですけど興味本位で行ってみました。(自宅付近しか写真撮ってなかったので画像は割愛)

続きを読む 彷徨#1 「関東大雪」

明けましておめでとうございます。

え?もう2月だって?どうでもいいですよそんなの。

iPhoneのポートレート機能で遊んでて失敗した写真です。どうでもいいですね。

というのも今回「どうでもいい」が主題になるからだったりします。

続きを読む 明けましておめでとうございます。

コミックマーケットお疲れ様でした。

1週間経っていますが、コミケお疲れ様でした。

例年よりかは涼しかったですが、それでも会場を歩き回るのは、楽しいですがなかなかしんどいですね。

今回記憶にある限り初めて3日目に昼から行ったのですが、人の数が1日目より段違いですね。死ぬかと思いました。
「昼から行けば大体安心」って思っていたので、完全に舐めていました。

続きを読む コミックマーケットお疲れ様でした。

鈴谷改二です!これは大事件です!ヤバイです! #69

はい。こちらではお久しぶりです。 思いつき艦これ日誌第69回です。
勢いに任せてこっち方面の創作?も進めていこうという心持ちで書いてます。
と言うか備忘録に近いです。艦これで何やってたっけってことがあまりに多いので。

続きを読む 鈴谷改二です!これは大事件です!ヤバイです! #69

同人誌感想「天津風の細腕はんじょう記 -叛逆編-」 サークル:Hya-ZokuSEi

表情豊かで体格が4足歩行動物を逸脱することに躊躇のない猫提督と、悪ノリがすぎる一部艦むすと、謎のオーバーテクノロジーで構成されてるギャグ漫画シリーズの最新刊ですね(2017年1月時点)

 

……調べたら5冊目でした。

続きを読む 同人誌感想「天津風の細腕はんじょう記 -叛逆編-」 サークル:Hya-ZokuSEi

君の名は。 なんで繰り返し見たくなるのかという個人的な話と個人的な理由(ネタバレあり)

 

 

「君の名は。」面白いですね。
1回目見たときは衝動的にパンフ買って、サントラのボーカル有り曲を全部買って、自宅に帰ったと同時に次の日の上映を予約するという暴挙に出ました。
「半分の月がのぼる空」並みのどハマり具合をしております。ここで「半月」の話題まったく出したことないのでわかりづらくて申し訳ないのですが、個人的に10年ぶりの神作品という評価になっております。

 

続きを読む 君の名は。 なんで繰り返し見たくなるのかという個人的な話と個人的な理由(ネタバレあり)

君の名は。 マジで面白いからまだ見てない人は2回以上見ようっていう話(ネタバレなし)

 

 

「君の名は。」 大ヒットらしいですね。自分も3回見ました。パンフレット買いました。小説版買いました。スピンオフ小説も買いました。RADWINPSのサントラも買いました。
どハマりです。やばいです。死にそう。死にたい……いやそういう意味ではなくて

 

とりあえずまだ見てない人にギリギリまでネタバレを省きつつ2回以上見ようって話をします。

続きを読む 君の名は。 マジで面白いからまだ見てない人は2回以上見ようっていう話(ネタバレなし)

同人誌感想「電が着任しました」 サークル:だーくさいどるーむ

 

この手の作品としてはありふれたもので、あまり王道から外れていない作品ではあるのですが、ここの電ちゃんや司令官が何をしてきたのかという事前知識を持っていれば持っているほど深みの増す一冊でした。
話自体はローコンテクストで、その本質はハイコンテクストというかなり完成された作品だと思いますはい。

 

作者が艦娘を人間とは異なる何かとして設定してあるのならば避けては通れない問題。

艦これは設定の大半が曖昧ゆえに日常からシリアスまで幅広いのですが、「艦娘とは兵器である」という設定で話を進めるのなら必ず通らないといけない問題ですね。
そしてその手の作品の多くが「主人公は彼女を人間として扱う」ことで救済となるのですが、確かにそう考えると王道ド直球と言っても過言ではないです。
王道ゆえにシンプルで、感動のポイントがわかりやすくて読みやすいです。上述のローコンテクストの部分ですね。

 

既刊、もしくは同時頒布の「Changing!!」を読むと一気に深みが増す

自分は、結局この本が面白いのはここに尽きると思います。今の電ちゃんはどうなっているのか、この司令官はどうなったのか。そんな事前知識があるからかなり面白く仕上がってる。そう思います。
こういう作品、本当好きなんですよね。その作品に関する事前知識があればあるほどどんどん深くなっていくやつ。上述のハイコンテクストの部分。
初見な方々からしてみればこの本を読んで同時頒布の「Changing!!」を読むのが自然にハマれると思うのですが、やっぱり自分は、前からこの電ちゃん達を知ってて良かったなぁって気持ちでいっぱいです。

 

だーくさんのシリアス長編も見てみたいです……